私権を制限するもの

民法上では一般的な法律行為に関しては、各々が自由な行動をとることを原則として認めており、契約や他の法律行為に関しても制限されたり、国から干渉されることなく自由に行うことができるとされています。しかし、この内容では完全に自由意思に基づいた行動をとることができる内容を持っていることによって、時には不具合が発生してしまうことになります。その結果として最低限遵守しなければならない項目を設定しており、このことを私権の制限と呼ぶことになります。制限内容に関しては大きく分類すると3つに分けることができ、公共の福祉福祉に反することがないように配慮することが必要とされており、公序良俗に反する内容であれば一定の制限が課せられることになります。もう1つには信義則という項目があり、相手となる人物や法人を裏切ることなく誠実な行動をとることが必要とされています。事情が急に変わった場面や契約内容を破棄するような場面でも、慎重に行うことが必要とされています。最後に権利乱用の禁止の項目がありますが、この内容としては権利を持っている方が権利を掲げて一方的に限度を超えた主張などを行うことを禁止しているものになり、社会通念上常識の範囲で考慮されるべき課題になります。

Comments are closed.