違法と判断する基準

各種法律行為に関しては常に適法な場合で成立することができ、違法となる内容を持っているものでは、一般的には適用される法律によって罰せられることになります。違法であると判断するためには、いくつもの基準が設けられています。その中には強行法規と呼ばれるものがあり、その内容では資格等を本来であれば必要としている行為であっても、無資格で法律行為を行った場合や、取引きなどを行う場面では許可を必要としている内容であっても無許可で行った場合、売買契約などを行う際に、法律の範囲を超えた状態で契約が結ばれた場合などが相当することになり、罰則規定がある内容もありますが、原則として無効とされています。効力法規に関する項目も用意されています。例えばいわゆる白タクと呼ばれる行為がありますが、行為自体は違法状態と言うことができますが、乗客に関しては取引が成立していると判断される内容を持っており、全てを無効としている内容ではない状態も存在しています。また、脱法行為という内容を持っているものもあります。この内容としては法律によって禁止されている内容であっても、別の手段によって、結果的に違法状態を作り出す目的を持っているものになり、その契約に関しては原則無効とされています。

Comments are closed.