法を守る者だけが法の尊重・保護も求めることのできる原則である

確かに法は基本的に誰に対しても平等であることが求められます。しかし、だからといって自分が不法行為をしてもなおその恩恵が受けられるというものでもないことに注意する必要があります。
これはクリーンハンズの原則と呼ばれるもので、法の意思を尊重しないものは法の保護を得ることが出来ないという考えに基づきます。
この原則は民法708条の不法原因給付の「不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。」との条文の中に見受けられます。
もし、法に違反している内容の契約について相手方が履行しなかったとしても、法はその契約内容に対し一切関知しませんし、その人も守りません。愛人契約や高利貸しなどの公序良俗に反する契約の場合はこれにあたります。
同様のものとして民法1条2項に規定されている信義則もしくは信義誠実の原則といわれるものがあります。
民法1条2項は「権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。」と規定していますが、これはもし、信頼を裏切るような行為を相手方に対し片方がとった場合、相手方のみがそれを守らなければいけないのはおかしいという、相手方保護に基づいて規定されているものです。
このように法は法を守る者のみを助けるという性質があるので注意が必要です。

Comments are closed.