身の回り法律効果

ドラム02法律効果とは具体的な事実が特定の法律要件を充足することによって生じる法的な効果のことで、どういった場合にどのような効果が生じるのかについては個々の法規範において定められているところです。刑法においては犯罪行為などによって生じる効果を、民法においては消費や家族関係における行為によって生じる効果を規定しています。たとえば、日ごろの買い物においては、商品の代金を店側に支払うという法律事実が所有権の変更という効果を生じさせます。代金の支払いをする必要があるという点を法律要因とも呼びます。効果は事実が要因となって発生するわけです。法律は日常生活の様々な場面において適用されますので、こういった状態は日常生活のありとあらゆる場面で見受けられることになります。法律に関する行為は年齢性別、あるいは国籍を問わず行うことができるものですので、人は自分では認識していないとしても多くの法律行為を行ってその効果を発生させているのです。法律は人間生活の安定化に寄与するために制定されたものですので、特に意識せずとも法律の効果を享受できているという点は日本における法規範が適切に作用しているという証左であるともいえます。